軌道工・建築・土木の求人専門サイト > 体験談 > 苦しかった「社内ニート」を経ての転職。その選択肢は正解!?不正解?

苦しかった「社内ニート」を経ての転職。その選択肢は正解!?不正解?

この記事は約 3 分で読めます
[更新日]2017/05/10
転職

「社内ニート」という言葉があるくらい、今や社内ニートは問題になっています。

社内ニートになってしまったとある女性の「転職体験談」をご紹介していきます。

どうして「退職」を考えたのか?その「理由」

どうして、私は社内ニートになり、退職を考えるほど追い込まれてしまったのか?

それは、自分がミスしたことで、仕事を与えてもらえなくなってしまったからなんです。

しかも、同じミスを3回もしてしまったのです。
上司からは「使えない」「任せられない」と信用を失ってしまったのです。

「仕事がない」ってラクだと思うかもしれません。
実は、そんなことありません。
仕事で忙しいことより、しんどいですし、キツイことです。

さらに、私は一人暮らしをしていたため、そう簡単に会社を辞めるという選択が出来なかったんです。

ですから、日々、我慢でした。
我慢し続けた結果・・・。

退職することにしました。

たった2年の勤務期間でした。
[amazonjs asin=”B019H2MEKA” locale=”JP” title=”社内ニート奮闘記: 副業から独立へ”]

退職して分かったこと

転職

退職してから切実に思ったのは、もう少し我慢出来なかったのか?
もう少しあとに辞めれば良かった・・・ということでした。

それには、私の勤務期間が短かったことが関係してきます。

私は新卒で入社して、2年で辞めてしまいました。
これって、次の転職にはとっても不利になることが分かったのです。

最低でも「5年勤務」がラインとなっていました。

雇う側にしても、長く勤めてくれる人材が欲しいですよね。
私のように2年勤めただけで辞めてしまうなんて、信用もされず、評価も低いのは当たり前です。

折角、入社して研修させてというプロセスをふんで、育ててきても、すぐに辞められてしまっては意味ないですよね。

転職活動

そうは言っても、一人暮らしの私は、前職に就きながら転職活動をしていたのです。
その間は社内ニートでしたが、収入がない状態には出来なかったのです。

転職活動で必ず聞かれたのが、「会社を辞めた理由」です。
私は、適格な答えがなかなか出来ませんでした。

本当の理由を言うのが恐かったので、全面的にパワハラを理由にして、自分を守りました。

その間、私は資格を取りました。
簿記と秘書検定です。

「資格があれば強みになる」と思ったのですが、現実は厳しかったです。

転職

転職先の見つけ方

転職先は、インターネットでハローワークの検索サービスを利用しました。

自分に合った条件があったら、会社を休んで面接に行きました。

中には、条件がとてもいい企業もありました。
ですが、条件のいいところには、必ず落とし穴があると思っていました。

こんなに条件がいいのに、大量募集をしていたり、いつも求人を募集していたりする企業は、
「絶対に、すぐに辞めてしまう企業だろうな」ということは分かっていました。

[amazonjs asin=”4062149222″ locale=”JP” title=”ボーアウト 社内ニート症候群”]

条件を「妥協」していく

自分が決めていた条件では、全然上手くいかなかったので、条件はどんどん妥協していくしかありませんでした。

お給料も妥協して、退職金制度もなくてもいいと、条件を下げたのです。
私はスキルもないですし、売りとしては若いということだけでした。

そんな中、小さな会社の社長さんと話しが合い、そこに転職することができました。
私の体験談が参考になるかは分かりませんが、「転職には根気がいる」ということだけは、覚悟して下さい。

コメントをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。