軌道工・建築・土木の求人専門サイト > 体験談 > 建築現場では日雇い初心者大歓迎!その意外な理由とは?

建築現場では日雇い初心者大歓迎!その意外な理由とは?

この記事は約 3 分で読めます
[更新日]2017/05/10
建築業
建築現場でのバイトや日雇いの仕事は、一体どんな仕事なのでしょうか?

資格や知識はあった方が働きやすいのでしょうか?

建築現場でのバイトや日雇いに与えられる仕事は雑用です。

片付けや掃除、手元、資材を運ぶ、など職人さんをサポートする仕事です。

建築現場での仕事をもう少し突っ込んでみました。

建築現場の実態

建築業

建築現場がキツイ時

まず、一番キツイのが夏です。
夏の暑さは本当にやる気が失われます。

ですから、現場では暑さからのイライラが募り、ピリピリした空気が流れていることが多いです。

また、冬の寒さもキツイですが、冬はまだ体を動かすことで、少しは寒さを免れます。

[amazonjs asin=”B00C0P3LYK” locale=”JP” title=”食い逃げされてもバイトは雇うな~禁じられた数字〈上〉~ さおだけ屋はなぜ潰れないのか? (光文社新書)”]

仕事はどうやって学ぶ?

建築現場では仕事を教えてくれる人は、ほとんどいないと思っていて下さい。
職人さんの世界は独特で、「言葉より見て覚える」ことが当たり前の世界です。

ですから、当然、怒られることも多いです。
ですが、怒られることは仕事を教えてくれている、とポジティブに捉えましょう。

建築業

どんな人が求められるか?

建築現場で何より求められる人と言えば、体力に自信がある人、に尽きると思われがちですが、それ以外にも求められることがあります。

現場監督という一番偉い人の指示で動いていくわけですが、建築現場では安全については一番気を遣う現場です。

ですから、ぼけっとしたちょっと抜けているような人には向いていません。

体力はもちろんのこと、細やかな神経も使う仕事ですので、体力、精神力が強い人が求められます。

[amazonjs asin=”4767821398″ locale=”JP” title=”超図解でよくわかる建築現場用語 完全版”]

建築現場のスケジュール

朝はラジオ体操から始まるところが多いようです。

10時から30分
12時から1時間
15時から30分

といったように、きちんと休憩が取れます。

ですが、休憩するのに、現場から離れた場所へ移動する場合もありますので、全て保証される訳ではありません。

この建築現場のバイトや日雇いのいいところとして、残業が少ないことが挙げられます。

気になるお給料は?

建築業

建築現場の日当は、平均9.000円~12.000円。

格段に稼げるお仕事と言えます。

しかも、誰にでも出来る雑用的な仕事ですから、初心者でこれだけいただければ満足ですよね。

ただし、そこには肉体労働というキツイ労働をしたからこその日当です。

初心者大歓迎!

建築現場での経験があって、資格や免許も持っていると歓迎されそうですが、日雇いでの場合は逆に不利になることがあります。

中途半端に知識があると、使いにくいと思われるのです。

仕事が出来ても出来なくても、日当は変わりません。
だとしたら、使いやすい初心者や未経験者を雇ったほうが、小回りがきいていいのです。

建築現場のバイトや日雇いは、初心者や未経験者には割に合った仕事だと言えます。

コメントをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。