軌道工・建築・土木の求人専門サイト > 仕事内容 > 【意外と穴場?】地味すぎて注目されなかった「生コン打ち」の仕事にズームイン!

【意外と穴場?】地味すぎて注目されなかった「生コン打ち」の仕事にズームイン!

この記事は約 3 分で読めます
[更新日]2017/05/10
生コン打ち

建築現場で行われる「生コン打ち」の仕事に着目してみました。

生コン打ちの仕事は、意外と穴場な仕事かもしれません。

生コン打ちの仕事とは?

生コン打ちの仕事とは、型枠にコンクリートを流し入れて固めるまでのお仕事です。

一輪車で少しずつ型枠に流し入れて、スコップで量を調節したりします。

お解りのように、体力勝負の仕事です。

生コン打ち

ポンプ車で出動します

大きな現場での生コン打ちは、人手では大変なため、ポンプ車で行います。

生コン車に積んである生コンを、ポンプ車に一旦入れて、そのポンプ車から流し入れます。

これは非常に便利な作業になります。

リモコンで生コンを出したり、止めたりと調節して、ポンプ車の先のホースを持って、次々と生コンを流し入れることが出来ます。

[amazonjs asin=”4798025828″ locale=”JP” title=”図解入門よくわかるコンクリートの基本と仕組み第2版 (How‐nual visual Guide Book)”]

役割分担

こんな役割分担があります。

ポンプホースを動かす人

これは、ポンプ車の運転手さんがやってくれます。

道具を持つ人

バイブレと呼ばれる生コンに、振動を与えて、底まできちんと入るようにする道具を持つ人が必要です。

バイブレの手元

バイブレの線を持って、引っかからないように気を配る人。

仕上げ

流し込んだ生コンを仕上げていく人。

掃除係

鉄筋などの周りに飛び散った生コンを、バケツとブラシで掃除してキレイにしていく人。

生コン打ち

日雇いバイトは「掃除係」

日雇いバイトの場合は、だいたい最後の掃除係です。

生コンが流し出される後をくっついて行って、ひたすらブラシで擦って、綺麗にしていきます。

生コンが固まると、汚れが落ちないので、時間との勝負となります。

常に中腰で作業するので、腰痛になりやいです。
それが一番キツイかもしれません。

[amazonjs asin=”4542184129″ locale=”JP” title=”JISハンドブック 生コンクリート 2016″]

生コン打ちの雇用事情

早く上がれる

生コン打ちの仕事は、早く帰れることが多いのがメリットです。

早く終わっても、きちんと一日分の日当をもらえます。

ですが、職人さんのピリピリした空気感の中で、時間と戦いながら、気も使うので、体力的にも精神的にも疲れます。

休憩はあまり取れない

生コン車が間を開けず入ってくるので、作業にかからなければいけません。

また、一日で仕上げなければならないので、休憩している時間がないとも言えます。

お給料

日雇いで10.000円が平均的です。

最低でも8.000円は保証されます。

建築現場での作業員は、日雇いでも、経験や資格がなくても働かせてくれますので、単に稼ぎたい人や、お金がピンチで1日だけ、といった方には向いている仕事だと思います。

生コン打ちも、掃除係なら、腰が痛くなるデメリットはあるとしても、それほどの力仕事とも言えませんし、生コン打ちは楽な担当に当たれば、穴場とも言える仕事だと思います。

コメントをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心下さい。